なるほど!合格勉強術

naruhodo高速大量回転法をはじめ、試験に合格するための重要ポイントを50の言葉にまとめ、それぞれ4ページで解説した本。

どこからでも手軽に読め、試験勉強で悩んだとき、止まったときに、元気づけ、また勉強しよう!という気にさせ、試験合格の伴走者、コーチとなってくれる1冊です。

読者特典にご応募いただくと、本の内容と連動した解説動画(過去問はこう読む・テキストはこう覚­える 合計約50分)と「50の合格ポイント」のショート解説音声を無料でダウンロードいただけます。本書と合わせてご活用ください。

Amazonで購入する

著者: 宇都出雅巳
単行本: 245ページ
出版社: 実務教育出版
発売日: 2013/10/29

紹介動画

目次

第1章 「勉強する気が起きない」を克服する

01 やる気は降ってこない ページをめくればやる気は出る!
02 根性論は危険だ がんばらないほうがうまくいく!
03 「環境の力」を使おう 「がんばる」より朝のカフェへ行け!
04 悩む時間がもったいない 今すぐほんの1秒でもやる!
05 恥ずかしがらずにやってみよう 目標は紙に書いて貼れ!
06 自信があれば努力できる この魔法の合格暗示をつぶやけ!
07 計画よりも大事なこと 目的地と現在地を知る!

第2章 「テキストや問題集が膨大」に惑わされない

08 買っただけのテキスト・問題集…… 何を勉強するかを決めろ!
09 基本ができれば半分合格したも同然だ 基本を確実にものにしろ!
10 入門書から入るな わからなくても〝本命〟から取り組め!
11 完璧主義は身を滅ぼす 満点を狙うな 7割をめざせ!
12 範囲を広げれば質は落ちる 「とりあえず買っておこう」はやめろ!
13 厚い本と薄い本 どっちがめくりやすい? 厚い本はバラせ!
14 合格は目標ではない 試験本番当日のあなたが目標!

第3章 「なかなか進まない」の背中を押す

15 うんうん考えるのは時間のムダ 過去問は解いてはいけない!
16 テキスト攻略は目次がカギ 本文よりも目次を読め!
17 前からやらなくてもいい 得意だ・興味があるところから始めろ!
18 人はついつい細かいところにはまるもの 常に全体を意識しろ!
19 今すぐわからなくても止まらない 飛ばして進め!
20 焦るな! 最初は範囲を絞っていい それからだんだん広げろ!
21 試験は記憶のゲーム 考えるのは時間のムダ!

第4章 「わからない」でも諦めない

22 そのがんばりが逆効果 わかろうとするな 覚えようとするな!
23 慣れが理解を助ける 「わかる」の前にまず「なじむ」!
24 少しでもいい まずは「わかる」ところに目を向けろ!
25 「分ける」から「わかる」 分けることに専念しろ!
26 接続詞に注目! 「内容」より「構造」をまずとらえろ
27 プロッキーを手放すな 読むところを減らして回転を加速せよ!
28 正答率より正答スピード 一瞬で判断できるまで「常識化」しろ!

第5章 「覚えられない」なんてありえない

29覚えるために「忘れる」ことは必要 忘れたらまた覚えろ!
30 覚えているから楽にくり返せる 熱いうちにくり返せ!
31 今の足場を固めろ 思い出せるところから思い出せ!
32 「くり返し」は脳の本質 「くり返し」を避けるな 受け入れろ!
33 アウトプットが先だ 読む前に口に出せ 読んだら口に出せ
34 太い文字は見やすい 恐れるな 太ペンを使え!
35 記憶術は強力だが要注意 試験直前よりも最初で使え!
36 本は「記憶のための道具」 本を覚えるのではなく本で覚えろ!

第6章 「忙しくて勉強する時間がない」のウソ

37 3秒あれば勉強できる いつでもどこでも勉強しろ!
38 次にやることが明確なほど実行できる 何をするか決めておけ!
39 合否を分ける見えない違い 「思い出す」癖を身につけろ!
40 「わかりたい」という思いが原動力 「わからない」を問いに変えろ!
41 テキストはノートだ ノートは作らずテキストに書き込め!
42 本当の勉強時間は少ない 勉強した気になる段取り時間を減らせ!
43 テキスト・過去問は好きですか? 接触効果で親しくなれ!

第7章 「今のままで合格するか不安」に勝つ

44 試験は過去問に始まり過去問に終わる 何はともあれ過去問を見ろ!
45 何がわかって何をわかっていないか 毎日自分と向き合え!
46 わかった「つもり」をなくせ 勇気を持って口に出せ 紙に書け!
47 勉強に魔法はない 一歩ずつでも焦らず前へ進め!
48 100%確実な方法論はない 「勉強法」より「勉強する」こと!
49 成果は急に現れる 積み上げた知識がつながるまで待て!
50 本番に近い時間ほど価値が高い 最後の最後まで走り続けろ!

コラム

1 奇跡の相乗効果をもたらす高速大量回転法とは?
2 「脳にやさしい」高速大量回転法
3 教育心理学から高速大量回転法を解説する
4 行動分析学から高速大量回転法を解説する
5 記憶法のもっとも効果的な使い方=目次イメージ記憶法
6 脳内テキストを作る=テキストまるごと記憶法
7 試験本番で最高の実力を発揮するには?

まえがき

あなたは試験勉強でこんな間違いをしていませんか?

  • 過去問は勉強してからやろうと思って、まだ取り組んでいない
  • テキストを最初のページから理解しようとして、がんばって読んでいる
  • 問題集の問題をじっくり考えたあとに、解答・解説を見ている
  • 机に向かうときや、電車で座れたときにしか勉強していない
  • 気になる参考書・問題集はできるだけ買うことにしている
  • とにかく予備校の授業を受けることを最優先にしている
  • まとまった時間が20分以上とれないと勉強していない

もしひとつでも当てはまるものがあったら、あなたは「合格しない勉強」をしている危険性があります。

今すぐ、この本を読んで「合格する勉強」に切り替えてください。なかには、「こんな間違いはしていませんよ」という人もいるでしょう。私がすでに出版した『速読勉強術』や『合格(ウカ)る技術』、『「1分スピード記憶」勉強法』の読者や、試験勉強法に詳しい人かもしれません。そんなあなたにもう一つ質問です。

「あなたが知っている正しい勉強法を実践できていますか?」

さてどうでしょう?「そう言われると……」と言葉に詰まる人もいるのではないでしょうか。頭ではわかっていても実践できていないことは多いものです。そして、特に「合格する勉強」というのは、常に意識していないとついついそこから外れてしまうものなのでなおさらです。

私は読者の方から「合格しました!」といううれしいメールがある一方で、残念なことに「今回は不合格でした」というご報告もいただきます。 そんなとき、メールのやりとりをしながら、試験勉強を振り返ってもらうと、 「気がついたら本に書いてあったこととズレたことをしていました」 「確かに、本にはそう書いてありました。うっかり誤解していました」 というように、本に書いてあることを実践できていなかったり、理解不足だったということがほとんどです。過去問やテキストを前にして勉強し始めると、ついついそこにはまってしまって、「合格する勉強」からズレていってしまうのです。私が定期的に個別指導を行っている人であれば、その都度修正できます。また、私の本を折りにふれ読み返してもらえれば、軌道修正できます。しかし、そういう人はあまり多くありません。

私としてはそこをなんとか解決したいという思いで、試験勉強本としては少々変わったスタイルの本書を書き上げたのです。

ご覧いただければおわかりいただけるように、この本は4ページ単位で「合格する勉強」を思い出させてくれる言葉が出ており、読み返しやすいようになっています。そして、机の上など常に目に触れるところに置いてもらうことで、まるで私自身があなたのすぐそばにいてアドバイスして軌道修正するのと同じ効果を得ることができます。これまで教わってきた学校の勉強にとらわれて、「合格する勉強」が何かをこれまで知らなかった人はもちろん、すでに私の本を読まれている方や試験勉強法に詳しい方も、本書を手元において、「合格する勉強」をただ知っている・わかっているだけでなく、実践し、継続してください。 本書をめくり、目についた一言で、「そうだった」と気づくことで、止まったり、スピードが遅くなっていた試験勉強をまたやりはじめ、さらには加速していくでしょう。

試験勉強は非常にシンプルなゲームです。

過去問をはじめ、合格に必要な対象を明確にして絞り込み、それをくり返し読み、思い出し、語ることで試験本番に目指す状態を作り上げていけばいいことです。本書を活用すれば、楽に楽しく試験勉強をいつでもどこでも行えるようになります。ぜひ、めざす試験にできるだけ短期間で合格してしまってください。あなたにとって試験合格は単なる通過点に過ぎないでしょう。

今、めざしている試験に合格したら、どんな未来が開けてくるのですか?

1日も早く本当にやりたいことに向かって進んでいってください。なお、本書をさらに効果的に活用していただけるよう、目標シートを兼ねた50の言葉の一覧がついています。ご購入後はすぐに切り離して、目標を書いて、一番目につくところへ貼ってください。 これで勉強は止まらなくなるでしょう。

また、読者プレゼントとして、私が激励の思いを込めて吹き込んだ50の言葉とそのショート解説音声、さらには冒頭のカラーページに掲載した過去問とテキストの読み方の解説動画を差し上げます(詳しくは244ページをご覧ください)。本書と合わせてご活用ください。

今後もブログ

だれでもできる! 速読勉強術
http://ameblo.jp/kosoku-tairyokaiten-ho/

を通じて読者サポートをしますので、ご感想やご質問をお待ちしています。それでは、本書があなたの試験勉強に役立つことを心から願っております。

あとがき

「はじめに」でも述べましたが、本書は一度読めば終わりというものではありません。試験本番まで常に目の触れるところに置いて、ほんの数秒ずつでもいいので、読み返してもらうための本です。

その目的はただ一つ。勉強を止めずに、いつでもどこでも勉強し、たくさん勉強することです。勉強をやめてしまえば、試験は確実に不合格となります。勉強を続ければ、合格に近づきます。もちろん、やみくもに長い時間勉強すれば合格するわけではありませんが、過去問をはじめ、本書で解説したように絞り込んだ問題集・テキストをくり返し読み、自分のものにすることで合格は限りなく近づきます。

とにかく止まらず、ハードルを下げて少しでも勉強を積み重ねていくことが合格への道なのです。

「そんな単純なものではないですよ」と思う人もいるかもしれません。しかし、「試験勉強」はそんな単純なものです。次に挙げる点からわかるように、やるべきことは明確であり、仕事で考えればきわめてシンプルなプロジェクトといえるでしょう。

  • 過去の試験問題が公開され、試験当日に目指すべき状態を想定できる
  • 試験問題の多くは知識問題であり、知っていれば正解できる
  • 満点は求められず、基本問題を確実にできれば合格ラインに届く
  • やるべき行動は明確であり、やればやるだけ合格可能性は高まる

しかし、単純、シンプルとはいえ簡単なことではありません。本書を読まれたあなたはおわかりのように「合格する勉強」はあまりにもこれまで親しんできた学校の勉強とは違うからです。頭ではわかっていたとしても、なかなか実践できません。

また、単純なくり返しでは非効率的であり、本書で解説したように速読や記憶術の活用をはじめ、少しずつの工夫の積み重ねが重要です。しかも毎日の忙しい生活のなかで、ついつい悩んだり、焦点がずれたりして、くり返しが止まったり、スピードが遅くなったりすることもあります。だからこそ、本書を折に触れ読み返し、「合格する勉強」の基本に立ち返り、勉強を継続し、しかも加速させていくことが必要なのです。ぜひ、本書で試験合格を勝ち取ってください!

2013年 秋 宇都出雅巳

『なるほど!合格勉強術』解説講座 オンライン動画プログラムのご紹介

『なるほど!合格勉強術』の背後に流れている原理原則について詳しく解説し、さらに「なるほど!」とわかってもらうためのオンライン動画プログラムをご用意しています。

細かいテクニックというより、試験合格のため、試験勉強を進めるために必要な考え方を解説した解説講座です。そして、このオンライン動画プログラムをご覧になることで、あなたは高速大量回転法をはじめとする私の勉強法が、目標達成や行動変革、さらに仕事の効率化にもつながるものであることを理解されるでしょう。

『なるほど!合格勉強術』解説講座 動画プログラムの詳細を見る

『なるほど!合格勉強術』解説講座 動画プログラム 紹介動画

 

 

無料メールマガジン 『記憶力が最強のビジネス・ライフスキルである』

無料メールマガジン 『記憶力が最強のビジネス・ライフスキルである』(旧 だれでもできる!速読勉強術)では、「ワーキングメモリ」や「潜在記憶」といった認知科学の研究をベースに、記憶という観点から仕事、読書、勉強、さらには人生を解説し、より豊かな毎日を送るヒントをお届けします。

記憶(ストック)の重要性に着目して、読書、勉強の効率・効果を一気に向上させるKTK(高速大量回転)法をはじめ、コミュニケーションやコーチング、さまざまなビジネススキルを記憶という観点で整理し、習得・活用をサポートします。

あなたの読書・勉強・仕事・人生にパラダイムシフトを起こすメールマガジンです。メールアドレスのご登録のみで、無料でご購読いただけます。